卒業生を知る
宮良 愛子 さん
開業

宮良 愛子 さん

昼間部第16期生(2019年卒業)

沖縄県出身。鍼灸師になるために縁あって北海道へ。本校在学中から「鍼灸治療院リ・フリー」にて勤務。今年からはフリーランスとなり治療院や地元沖縄でも施術をしているほか、オンラインで顔と身体のトレーニング指導もおこなっている。

鍼灸師という国家資格は
幅広い生き方ができることも魅力です

鍼灸師になる前は地元の沖縄でリラクゼーションの仕事に就いていました。リラクゼーションは心身ともにリラックスしていただくことが目的。「疲れがとれた」と言われるとやりがいを感じますが、リラクゼーションでは解決できない悩みにたびたび遭遇することもありました。ちょうど自分自身が体調を崩したこともあって、あらためて健康の大切さに気付き、興味をもつようになったのが予防医学や自己治癒力についてでした。

自分のこれからについて考えていたとき、たまたま「いろんな生き方ができるし、鍼灸師になったらいいよ」と言われたのです。そういえば同僚にも鍼灸師はたくさんいたけど、治療を受けたことはなかったなぁと思い、鍼灸師の資格をもつ沖縄時代の先輩に相談。そこから話はとんとん拍子に進み、紹介されたのが先輩の母校である北海道鍼灸専門学校と、先輩の友人である鍼灸治療院リ・フリーの鈴木智予先生でした。まさか自分が北海道に行くとは考えたこともなかったけれど、これも何かのご縁かなと。笑 とんとん拍子に話は進み、沖縄時代の仲間4人でルームシェアすることになり、鈴木先生からの推薦をいただいて北海道鍼灸専門学校へ入学することになりました。

在学中からリ・フリーでアルバイトをさせていただき、卒業後も勤務を続けました。現在は幅広い生き方を実践するべくフリーランスの鍼灸師として、リ・フリー以外からも業務委託を受けて鍼灸治療や、オンラインでお顔と身体のトレーニング指導、沖縄での出張施術をおこなっています。

鍼灸治療はしつこい凝りをほぐす方法の一つだと思いますが、なるべく薬に頼りたくない方の健康維持にも有効ですし、敏感肌の方へはエステ代わりになるのもいいですね。また、鍼が怖くて鍼灸治療を受けたことがないという方に試していただいたところ、「今までにない爽快感を感じた」とおっしゃっていただきました。鍼灸とトレーニングを組み合わせて、もって生まれたからだの機能を高め、快適に元気に過ごしていただけるようお手伝いをしていきたいと考えています。

撮影協力)鍼灸治療院リ・フリー宮の森店

 

アクセス
MENU
ページトップへ