卒業生を知る
米田 弥生 さん
勤務

米田 弥生 さん

昼間部第15期生(2018年卒業)
方南町駅前はり灸整骨院 勤務

高校時代は陸上部に所属。仲間のケアをするのが好きで、部でお世話になっていたトレーナーの先生に「スポーツトレーナーになりたい」と相談。先生からは鍼灸師の国家資格をとってからトレーナーを目指したらいいとアドバイスを受ける。多くの卒業生が鍼灸だけでなくスポーツの分野でも活躍していることが北海道鍼灸入学の決め手に。

北海道で開業するために、
東京でキャリアを積む日々

高校を卒業してすぐに北海道鍼灸に入学しました。昼間部でしたが当時のクラスメイトは10代から50代までと年齢や経歴もさまざまで、高校のときとは全く異なる学生生活を送りました。ネパールからきた二人の留学生とも仲良くなったし、ハロウィンには学校で仲間と仮装したり、ウルトラマラソンで100kmを完走し足をパンパンに腫らせて学校の階段が登れなくなったり…。あ、もちろん遊んでばかりではありません。勉強もしっかりやりましたよ(笑)。授業以外でも、トレーナー業界で大変有名な先生が担当されているスポーツ鍼灸ゼミには2年間参加して現場の技術を学び、トレーナー活動をしているクラスメイトに誘われ札幌市内の高校部活動に関わったり、外部のセミナーを受けたりなど興味のあることには積極的に参加しました。
入学前から、将来は地元の北海道で開業して地元の方々やアスリートも支えられる治療院をつくりたいと考えていました。そのためにはもっともっと勉強して経験が積みたい!と思い、就職は東京の治療院を選んだのです。
新入社員として入社した私ですが、現在は美容主任という役職がついて後輩もたくさんいます。美容のほか、痛みで辛い思いをされている患者さんに、痛みを和らげるための治療を行っています。「ありがとう」と言っていただけるとやりがいを感じます。職場の先輩や仲間にも恵まれ、充実した毎日を過ごしています。

リンク:笑顔道グループ 方南町駅前はり灸整骨院

アクセス
MENU
ページトップへ