卒業生を知る
齊藤 正樹 さん
開業 ゼミ講師
中医学ゼミ 担当

齊藤 正樹 さん

夜間部第23期生(1999年卒業)
正樹鍼灸整骨院 院長

本校卒業後、整形外科、循環器病院、鍼灸整骨院などの勤務を経て2002年に正樹鍼灸整骨院を開業。現在、日本鍼灸師会 代議員、北海道鍼灸師会 副会長兼広報部長を務めるなど活躍。柔道整復師、国際針灸医師などの資格を持つ。

一人でも多くの人に、
鍼灸のすばらしさを知ってほしい

柔道整復師と鍼灸師の資格を取得し、治療院や病院に勤務した後に、開業しようと決めたのは今から20年前のこと。札幌にはないスタイルの治療院をつくりたいと、東京に2カ月滞在しさまざまな治療院を巡りました。そして現在の場所に、中国伝統医学を基に治療を行う鍼灸院を開業。治療を行いながら日々勉強を続け、2006年には中国で「国際針灸医師資格※」も取得しました。鍼灸治療は急性のぎっくり腰や寝違えなどの運動器疾患には特に即効性があるので、来たときには身体をまっすぐにして歩くことのできなかった患者さんが、治療後は笑顔で歩いて帰っていく姿を見られるのはこの仕事の醍醐味と言えます。

また、リウマチや重篤な皮膚疾患など慢性的なものを一度の治療で治すのは難しいですが、身体の変化は感じてもらえますし、きちんと説明して長く通っていただければ結果は必ずついてきます。鍼灸治療はさまざまな病気に大きな効果があり、中国では難病や皮膚癌などに対しても積極的に鍼灸治療が用いられますが、日本ではあまり知られておりません。これからこの業界を担っていく学生の方々に少しでも多く鍼灸のすばらしさを伝え、世間に広めていってもらうことがゼミでの私の役割だと思っています。

※中国政府衛生部が外郭組織する「世界針灸学会連合会」が主催、実施しているレベル試験。中国伝統医学療法に携わる医療人材に対し、理論知識と臨床技能の国際的な統一規格基準を設け標準化し、医療人材の水準評価と質的向上をめざすために設けられた試験です。

リンク:正樹鍼灸整骨院スキルアップゼミ一覧

アクセス
MENU
ページトップへ