学びについて

講師紹介

経路治療ゼミ

浅香 寛一 夜間部第6期生(1981年卒業)

東札幌鍼灸整骨院

小樽商科大学卒業後、証券会社勤務を経て本校へ入学。国家資格取得後、1982年東札幌にて開業し、同年経絡治療学術団体東洋はり医学会に入会。東洋はり医学会札幌中央支部を設立し、後輩の指導にあたる。日本伝統鍼灸学会会員、北海道鍼灸師会会員。

身体全体を整え、生命力を高める治療が鍼灸の魅力

鍼灸師になって36年余りになりますが、鍼灸治療について知ったのは社会人になってから。証券会社でサラリーマンをしていた私に、整骨院を経営していた父が柔道整復師と鍼灸師の資格取得を勧めたのがきっかけでした。ですから経絡(けいらく)治療を知ったのも北海道鍼灸専門学校に入学した後で、こんな医療があるのかと驚いたことは今でも印象に残っています。
 西洋医学では、〝胃”に何かあれば〝胃”の組織の異常ととらえ、〝胃”に治療をしていきますが、経絡治療では手足のツボに治療を行い、身体全体の気の巡りや陰陽のバランスを整え、その人の持っている生命力を強化することで〝胃”を治していきます。生命力(免疫力)を高める治療法ですから当然時間はかかりますが、攻撃的ではない、副作用のない優しい治療です。また経絡治療の、〝人間は自然から生まれたものであり、自然の天地で育まれている”という考え方にも感銘を受けました。
 鍼灸師は自分の治療に対して、常に反省しながら自己評価していくことが大切です。「適切な治療ができたか」は毎日自問自答します。心に残っているのは、お医者さんから紹介された末期がん患者さんのこと。経絡治療を続け、一時的に仕事復帰ができるくらいお元気になられましたが、その後、お亡くなりになられました。奥様からの「先生に巡り合えたことを感謝しています」というお手紙を読んだときの気持ちは忘れません。この仕事をしていて良かったと心から思います。

女性鍼灸ゼミ

菅原 万貴 夜間部第21期生(1997年卒業)

鍼灸治療院 寿あき屋

本校卒業後、鍼灸治療院、脳神経外科、整形外科などで実績を積み、2006年に寿あき屋を開院。国際鍼灸医師、JFACe認定美容鍼灸師、インド中央政府公認ヨーガ・セラピーインストラクターの資格を持つ

鍼灸師は患者さんの笑顔を取り戻す幸せな職業

鍼灸との出合いは、ガンの疼痛緩和として鍼治療が行われていることを知ったのがきっかけでした。鍼灸の可能性に魅せられた私は、高校卒業後、迷うことなく北海道鍼灸専門学校に入学。卒業後は鍼灸治療院のほかにもさまざまな医療機関で働き、多くの治療の現場を経験しました。
 なかでも強く印象に残っているのが、脳神経外科に勤めていたときに担当させていただいた顔面神経麻痺(ベル麻痺)の患者さんのこと。「朝起きると突然顔が動かなくなっていた」と病院を受診されました。ドクターも後遺症を心配するほどの重い症状でしたが、患者さんの「治したい」という強い思いでリハビリに専念した結果、ほとんど後遺症が残らないほどまでに回復したのです。人間の「治癒力」のすごさを改めて感じた瞬間でした。
 身体の痛みや不調は、日常生活において大きなストレスになります。鍼灸師は、暗い気持ちで来られた患者さんの痛みを取るだけでなく、気持ちも明るくなっていただき、日常に笑顔を取り戻すお手伝いができる幸せな仕事です。患者さんによって原因も体質も違いますが、より良い治療を行うことで、「治癒力」も高まり、症状が改善していく様子をともに実感できるのは大きな喜びです。
 また、一生探求していける分野なので、自分が勉強すればするほどやりがいも大きくなります。

中医学ゼミ

齊藤 正樹 夜間部第23期生(1999年卒業)

正樹鍼灸整骨院

本校卒業後、整形外科、循環器病院、鍼灸整骨院などの勤務を経て2002年に正樹鍼灸整骨院を開業。現在、日本鍼灸師会 代議員、北海道鍼灸師会 常任理事 広報部長、札幌鍼灸師会 理事 学術部長を務めるなど活躍。柔道整復師、国際針灸医師などの資格を持つ

一人でも多くの人に、鍼灸のすばらしさを知ってほしい

柔道整復師と鍼灸師の資格を取得し、治療院や病院に勤務した後に、開業しようと決めたのは今から16年前のこと。札幌にはないスタイルの治療院をつくりたいと、東京に2カ月滞在しさまざまな治療院を巡りました。そして現在の場所に、中国伝統医学を基に治療を行う鍼灸院を開業。治療を行いながら日々勉強を続け、2006年には中国で「国際針灸医師資格※」も取得しました。鍼灸治療は急性のぎっくり腰や寝違えなどの運動器疾患には特に即効性があるので、来たときには身体をまっすぐにして歩くことのできなかった患者さんが、治療後は笑顔で歩いて帰っていく姿を見られるのはこの仕事の醍醐味と言えます。
 また、リウマチや重篤な皮膚疾患など慢性的なものを一度の治療で治すのは難しいですが、身体の変化は感じてもらえますし、きちんと説明して長く通っていただければ結果は必ずついてきます。鍼灸治療はさまざまな病気に大きな効果があり、中国では難病や皮膚癌などに対しても積極的に鍼灸治療が用いられますが、日本ではあまり知られておりません。これからこの業界を担っていく学生の方々に少しでも多く鍼灸のすばらしさを伝え、世間に広めていってもらうことがゼミでの私の役割だと思っています。
※中国政府衛生部が外郭組織する「世界針灸学会連合会」が主催、実施しているレベル試験。中国伝統医学療法に携わる医療人材に対し、理論知識と臨床技能の国際的な統一規格基準を設け標準化し、医療人材の水準評価と質的向上をめざすために設けられた試験です。

スポーツ鍼灸ゼミ

鎌倉 一 夜間部第27期生(2003年卒業)

治・癒・鍛・体トータルボディサポート ファーストステップ

病院勤務後、スキー競技(ジャンプ・複合)の中でトレーニングやリハビリテーションを行うアスレティックトレーナーとして活動。リレハンメル五輪や長野五輪などでもジャンプチームのトレーナーを務めた。現在は治療のほか、スポーツや健康に関する講演活動も行っている。作業療法士、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーなどの資格を持つ

トップ選手たちへのトレーニング経験を活かした鍼灸治療

トレーナー見習いとして当時には珍しかったスポーツ障害に特化した整形外科クリニックに勤務の後、スキージャンプの企業チームやナショナルチームでトレーナー活動を開始。オリンピックや世界選手権など国内外の大会で、選手たちのトレーニングやリハビリを10年に渡って担当しました。
 当時、チームには鍼灸師がいなかったので、合宿中など鍼灸治療が必要なときは先生を呼び、選手を治療してもらっていたのですが、あるとき、その先生から「鍼灸の資格を取ったほうがいい」とアドバイスを受けたんです。元々、鍼灸には興味があったのですが、その一言がきっかけとなり、新しい目標に向かって動き出そうと本校への入学を決意しました。トレーナーを続けながら夜間部で学び、鍼灸治療とトレーニングの両方ができる施設の開業をめざしました。卒業後、札幌では初めての、パーソナルトレーニングを中心に治療やリハビリテーションを行う施設として「ファーストステップ」をオープン。
 トップ選手たちに行っていたトレーニングや治療をベースに、病院にかかってもなかなか治らない方やしっかり治したい方たちをサポートするのが特徴です。「苦しかった痛みが短時間で取れる」と患者さんが実感してくれることが、私のやりがいに繋がっています。
 これから鍼灸を学ぶ方々には東洋医学はもちろん、そこにとどまらない広い視点を身につけ、結果が出てもそれで満足せずに、なぜその結果が出たのかまでを考え勉強や経験を重ねていって欲しいですね。

スポーツトレーニングゼミ

伊藤 秀吉 夜間部第38期生(2014年卒業)

フリーランス

スポーツ系の専門学校卒業後、本校へ入学。アイスホッケー日本代表チームにトレーナーとして7年間帯同した後、2018年2月の平昌オリンピックではモーグルスキーのナショナルチームに帯同。鍼灸師のほかアスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーなど10以上の資格を持ち、スポーツ界の第一線の選手たちを支えている

身体を強化するトレーナー、身体をケアする鍼灸師としてスポーツ現場で活躍

中学・高校とテニス部に所属して気がついたのは、自分がテニスのプレー以上にトレーニングが好きだということ。練習メニューの中でもトレーニングが好きで、将来はトレーニングを人に教える仕事がしたいと考えるようになりました。
 高校卒業後はスポーツ系の専門学校へ入学し、アスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーなど10以上の資格を取得。実践で経験を積むために、スポーツジムでインストラクターのアルバイトも始めました。ところが、インストラクターとして実際に人と関わっていくと、今度はスポーツには治療が欠かせないと気付いたのです。鍼1本で効果が出せる即効性ある治療に心を惹かれ、スポーツの学校を卒業してすぐ、今度は北海道鍼灸専門学校へ入学。
 在学中はトレーナーとしてアイスホッケー日本代表チームに帯同。そして今回はモーグルスキーナショナルチームのトレーナー兼鍼灸師として、平昌で選手をサポートすることができました。スポーツの世界では、トップ選手になればなるほど休むことができません。
 でも、痛みを抱えたまま競技を続けなければならない選手に鍼灸治療を施すことで、痛みは確実に軽減できます。選手にとって嬉しいことですが、鍼灸によって自分が提供できるサポートの幅が広がったことは僕自身にとっても大きな喜びです。トレーナーとして身体を「強化」し、治療家として身体の「ケア」ができる。ゼミでは、鍼灸師はスポーツ現場でも活躍できるライセンスだと学生に伝えています。

養生学ゼミ

那須 博文 夜間部第27期生(2003年卒業)

友好鍼灸院

50歳で医薬品卸会社を退職し「世界平和巡礼」に出発。世界各地を1年余りかけて祈り歩いた後、本校へ入学。鍼灸師の資格を取得し、中国・北京へ渡り中日友好医院・中医針灸科の当時の主任医師・白玉闌教授に師事。臨床実習を行いながら北京中医薬大学の研究生として学ぶ。2005年3月より開業。気功の指導者としても活躍中

地域の健康を守るために、本校で身につけた技術を広めてほしい

50歳までは企業に勤めていましたが、退職を機に新たな人生をはじめようと思い、世界平和巡礼に参加。アメリカ、ヨーロッパ、アフリカなどを1年1カ月かけて巡り、医療の普及していない地域もたくさん見てきました。
 そこで医療の手が届かない地域にも、自らの健康を守るため「養生の考え方を伝えること」に力を注ぐ決心をしました。帰国後、40歳から取り組んでいた気功を通して養生の考え方を伝えるために、気功のレベルアップをめざしました。まずは気功の土台である中医学を勉強するため北海道鍼灸専門学校へ入学。最初は知識だけ身につけるつもりで鍼灸治療をする気はありませんでした。
 ところが在学中、社会福祉法人で事務長を務めていた時に、高齢の入居者の方々が身体の不自由さに苦しむ姿を見て、助けることはできないだろうかと思うようになりました。そこで、気功で養生を伝えるだけではなく、しっかり治療もできる鍼灸師になろうと考えを改めました。鍼灸師になってからも海外での巡礼を続けており、特にネパールへは年に一回訪れています。
 小さな村には医療機関が少なく、十分な医療が受けられないという実態があります。そこで、現地の人々への治療はもちろん、気功で経絡を通す運動など、養生の考え方なども教えています。
 鍼灸師として、治療院で患者さんを待っているのではなく、自ら外へ出て身につけた知識と技術を広めていくことが、私の役割だと思っています。

漢方医学ゼミ

治田 みのり 昼間部第13期生(2016年卒業)

北海道鍼灸専門学校 附属鍼灸臨床実習センター勤務

大学卒業後、大学院で研究に取り組んだ後、薬剤師として調剤薬局に勤務し、関西を中心とした各エリアの薬局の立ち上げに貢献。その後、医薬品メーカーに勤務し医薬品開発を経験。育児休暇を経て本校に入学。鍼灸師、薬剤師以外にも、ケアマネージャーなどの資格を持つ

薬剤師と鍼灸師。西洋医学と東洋医学の相乗効果をめざして

薬剤師として調剤薬局や医薬品メーカーなどに勤務していたときに、たびたび患者さんのお宅を訪ねていくことがありました。そこで鍼灸師の方に出会ったことが、鍼灸に興味を持つきっかけになったのです。
 たとえば腰が痛い方に薬剤師としてできるのは湿布や鎮痛薬などをお渡しすることですが、あるとき患者さんから「私の腰痛には鍼灸が効くのよ」と言われました。興味津々で鍼灸師さんにお話を伺ったのですが、そのときは西洋医学と東洋医学の考え方の違いのために、なかなか話が通じなかったことを覚えています。”気になるけれどわからない世界”という気持ちのまま数年が経ち、育児に手がかからなくなり職場復帰を考えたとき、薬剤師に戻るよりも鍼灸の勉強をしてみようとこの世界に飛び込みました。
 西洋医学や薬物療法が苦手としている症状に対しても、心身両面からアプローチできるのが鍼灸の魅力。薬剤師と鍼灸師の両方の知識を融合して、他の薬剤師や医師にも鍼灸の良さを伝えられる存在になれたら嬉しいです。
 鍼灸師と医療職との共通言語として「漢方医学」が橋渡し的な役割を担ってくれるのではないかと考えています。また、鍼灸師側にも「漢方医学」に興味を持ってほしいという思いから、ゼミを担当しています。西洋医学と東洋医学の相乗効果で医療がより一層、人のためになるよう頑張りたいです。

個別相談 ご希望の方はコチラ
MENU
ページトップへ