学校法人 北海道鍼灸専門学校

資料請求

学校法人 北海道鍼灸専門学校


学びについて

ごあいさつ・教員紹介


大湊 隆次郎


基本をしっかりマスターして安全な施術を心がけてください

講師インタビュー01
はり・きゅう実技で大事なのは、身体のつぼを取る取穴と、そこへはり・きゅうを使用した適切な治療を行うという、基本中の基本をしっかりと身に付けることです。
はりの基本は方向と深さ、きゅうは燃焼の仕方。それらをマスターすることが安全な施術に繋がるので、繰り返し何度も反復練習して、まずは基本に忠実な技術を習得しましょう。身に付いた基礎は必ず臨床にも直結します。自分自身がはり・きゅうは安全なものであるという認識を常に持って、患者さんに安心を与えてあげられるような鍼灸師になって欲しいですね。
また将来開業したあとも、北海道鍼灸師会をはじめとした組織に参加して、将来に向けて鍼灸治療のアピールや自分自身のレベルアップに努めて欲しいと思います。

未来の鍼灸師に望むこと

講師インタビュー02
鍼灸師という仕事は、“鍼”と“灸”を用いて、患者さんの痛みや愁訴(症状)を治療する職業です。使う道具はシンプルですが、安全で、かつその効果を最大限に発揮させるには高い知識と技術が必要です。
スポーツや美容、介護領域など多様化する現代ニーズに対応できる技術を身に付けることも求められますが、一番大切なことは、基本技術がしっかり身についているかどうかです。基礎がなければ応用はできません。逆に基礎がしっかり身についていれば応用はできます。高い技術は患者さんを助けるだけではなく、自分自身も守ってくれます。学校で学ぶことに何一つ無駄なことはありません。
基本に忠実に、常に初心に立ち返りながら技術を磨くことで、多くの患者さんから信頼される鍼灸師を目指してほしいと思います。

先生にとって鍼灸師はどのような職業ですか?

鍼灸師という仕事は、医療系国家資格の中でも診断から治療までを自分で判断し行うことができ、開業権もある数少ない資格です。とてもやりがいのある仕事ですが、医療としての難しさや厳しさもあります。多くの知識と確かな技術が求められる仕事ですので資格を取得した後も、初心を忘れず向上心を持って患者さんと接してほしいと思います。


講師陣個別紹介一覧
  1. 川浪 勝弘
  2. 二本松 明
  3. 工藤 匡
  4. 村田 清貴
  5. 大湊 隆次郎
  6. 稲垣 吉一
  7. 堀 二葉

ページ上部へ戻る


学びについて


  1. 学びについて
  2. 入試・学費サポート
  3. 資格・就職・国家試験
  4. キャンパスライフ
  5. 活躍できるフィールド
  6. よくあるご質問
  7. 交通アクセス
  8. 求人票ダウンロード