学校法人 北海道鍼灸専門学校

資料請求

学校法人 北海道鍼灸専門学校


ニュース

ニュース


2012年9月3日

夏期治療院研修実施のご報告

2012年7月30日から8月12日までの間、本校2・3年生を対象とした夏期治療院研修を実施いたしました。
「鍼灸臨床の現場を知り、今後の学習に役立てる」というコンセプトで毎年夏期治療院研修を行っておりますが、今年も多くの先生方に学生の研修を受け入れていただき、無事に実施することができました。
先生方にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
研修に参加した学生の感想を一部ご紹介させていただきます。


Tさん(男性)
 2年生の段階で広く色々なスタイルの治療を見学したいと考えている私にとって、たくさんの治療院の中から研修先を選べるというのは、大変有り難いものでした。
 研修先では中医学を中心とした治療を行っており、未経験の私にも中医学とはどういうものか、他の鍼灸治療との違いなどを丁寧に解説して下さいました。
 そして、実際の治療の様子を最初から最後まで見せていただき、他にも美容鍼や耳鍼なども説明して下さいました。
 また、学生時代のことや、開業するまでのこと、勉強の心構えなどについても気さくに語って下さり、本当にいいお話を伺うことができました。
 特に、鍼灸を志すなら、患者さんに鍼を打つ前に、もっと自分のからだのあらゆる経穴に鍼を打ち、響きや痛みなどを体験しなきゃいけないというお話では、深く納得し、いままでの自分の勉強法を反省しました。
 この経験は、これからの勉強や将来に向けて考える大変良い機会となりました。このような機会を設けていただき、ありがとうございました。
Sさん(女性)
 初めて臨床現場を見学させて頂き、患者さんへの施術は素早く正確にすることや、広い分野の知識を身につけること等、お忙しい中教えていただきました。
 鍼灸治療に関わらず、治療家として相手(患者)あっての治療を第一に考え、自分の世界に入り込まないで、目的に合った治療ができるようにならなければと思いました。
Kさん(女性)
 私は7か月前より、鍼灸治療院でアルバイトをしているのですが、この「夏期治療院研修」では普段働いている治療院では経験できないことが勉強できました。
 100人の先生がいれば治療方法も100通りなので、自分が将来どんな治療家を目指すのか明確にできるチャンスでもあると思います。
Sさん(女性)
 夏期研修に行って、臨床現場のことを学ぶだけではなく、卒業生の方々が実際に学生だったときの話しを聞くことが出来てとてもよかったです。2年生の今時期に何をすべきか、卒業生の体験談とともに話を聞けたのがとても勉強になりました。
---------------------------------------
 学校の中で教わることと、外部の鍼灸院で教わることは違って見えると思います。将来の目標や夢を明確にするためには様々な視点から見据えることが重要です。
 学生のうちでしか学べないこと、学生のうちでしか教えていただけないことがたくさんありますので、来年も多くの学生の皆さんに参加していただければと思います。




  1. 学びについて
  2. 入試・学費サポート
  3. 資格・就職・国家試験
  4. キャンパスライフ
  5. 活躍できるフィールド
  6. よくあるご質問
  7. 交通アクセス
  8. 求人票ダウンロード