学校法人 北海道鍼灸専門学校

資料請求

学校法人 北海道鍼灸専門学校


ニュース

ニュース


2017年11月14日

本校登録販売者ゼミ受講者が平成29年度登録販売者試験に全員合格

平成29年8月20日(日)(京都府)、8月30日(水)(北海道)で登録販売者試験が実施され、本校のスキルアップゼミ「登録販売者ゼミ(担当:治田みのり)」の受講者8名が受験し、全員合格しました。 
登録販売者とは2009年から施行された改正薬事法の中で定められた医薬品販売の専門家のことです。薬剤師にしか認めていなかった一般用医薬品の販売に、新しくその一部(注1)を販売できることが登録販売者に認められます。鍼灸院で漢方薬や湿布を販売できれば、患者満足度や利便性を高め、売り上げにも寄与する可能性があります(注2)。そして、総合的な東洋医学的治療も提供できる可能性が広がり、差別化を図ることが期待できます。特に「漢方薬販売」に魅力を感じる方が多いかと思います。

※1:登録販売者が販売できる一般用医薬品
第二類(まれに入院相当以上の健康被害を生じる可能性がある成分を含むもの 例:主なかぜ薬。解熱鎮痛薬、胃腸鎮痛鎮けい薬、漢方薬など)および第三類医薬品(日常生活に支障を来す程度ではないが、全身の変調・不調が起こる恐れがある成分を含むもの:ビタミンB・C含有保健薬、主な整腸薬、消化薬など)に指定されています。

※注2:現状の鍼灸治療院と併設して医薬品販売業の許可を受けるには、施設基準等、様々な制約がありますので、事前に管轄保健所に十分確認する必要があります。単に資格を取得すれば販売できるということではありません。

■京都府登録販売者試験合格率(1名受験)
受験者数:1736
合格者数:897
合格率:51.7%

■北海道登録販売者試験合格率(7名受験)
受験者数:2032
合格者数:1268
合格率:62.4%




  1. 学びについて
  2. 入試・学費サポート
  3. 資格・就職・国家試験
  4. キャンパスライフ
  5. 活躍できるフィールド
  6. よくあるご質問
  7. 交通アクセス
  8. 求人票ダウンロード